HOME  > コンテンツ  > 離婚協議書  > 強制執行認諾文書付の公正証書

強制執行認諾文書付の公正証書

◇離婚協議書作成 MENU

  1. 離婚協議書作成の料金 (トップページ)←
  2. 離婚協議書作成のための手引書 販売(14,000円)←
  3. 離婚の種類←
  4. 親権・・・離婚前に決めるべきこと←
  5. 監護権・・・離婚前に決めるべきこと←
  6. 養育費・・・離婚前に決めるべきこと←
  7. 面接交渉権・・・離婚前に決めるべきこと←
  8. 慰謝料・・・離婚前に決めるべきこと←
  9. 財産分与・・・離婚前に決めるべきこと←
  10. 強制執行認諾文書付の公正証書←
  11. 公証人の手数料←
  12. 婚約や事実婚の解消

§強制執行認諾文書付の公正証書とは

  • 協議離婚の際に取り決めた金銭に関する事項(離婚協議書)を、強制執行認諾文書付の公正証書にしておくと、約束の支払いが守られないときには、裁判を起こさなくても相手方の財産を差し押さえることができ、支払いを確保することができます。

  • 離婚協議書を作成するのであれば、公正証書(強制執行認諾文書付)にしておくことを、強くお勧めします。

§公正証書のメリット

  • 金銭の支払いに関しては、公正証書にしておけばいきなり強制執行できる。

  • 公正証書は、裁判のときに有力な証拠となる。

  • 原本が公証人役場に保管されているので、万が一公正証書を紛失しても大丈夫。

無料相談・ご依頼はこちら←

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
財産分与/離婚前に決めるべきこと
カテゴリートップ
離婚協議書
次
離婚の種類

menu

大阪や神戸での社交飲食店、風俗営業許可(風営法1号)の取得、深夜酒類提供飲食店営業(バー)の開業、申請手続き、図面作成の代行は行政書士 em plusへお任せください。

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士