HOME  > コンテンツ  > 離婚協議書  > 財産分与/離婚前に決めるべきこと

財産分与/離婚前に決めるべきこと

◇離婚協議書作成 MENU

  1. 離婚協議書作成の料金 (トップページ)←
  2. 離婚協議書作成のための手引書 販売(14,000円)←
  3. 離婚の種類←
  4. 親権・・・離婚前に決めるべきこと←
  5. 監護権・・・離婚前に決めるべきこと←
  6. 養育費・・・離婚前に決めるべきこと←
  7. 面接交渉権・・・離婚前に決めるべきこと←
  8. 慰謝料・・・離婚前に決めるべきこと←
  9. 財産分与・・・離婚前に決めるべきこと←
  10. 強制執行認諾文書付の公正証書←
  11. 公証人の手数料←
  12. 婚約や事実婚の解消

§財産分与とは

  • 財産分与とは、夫婦が離婚する前に又は離婚後に、婚姻中に協力して取得した財産を分けることです。

  • 財産分与は慰謝料とは異なり、離婚の責任がどちらにあるのかを問わず、離婚の原因をつくった者からも請求することができます。

  • 財産分与の請求が可能な期間は、離婚のときから2年間です。

  • 財産分与の割合は、財産に対する夫婦の貢献の度合いによって決まります。(専業主婦の場合には、家事労働が財産の形成に貢献した度合いに応じて認められます。※通常は、2〜3割が貢献度とされます。)

  • 対象となるのは、婚姻中に協力して取得した財産のすべてです。共同名義のものに限らず、一方の名義であっても、双方がその財産の取得や維持に寄与している場合は対象となります。(結婚前から有していた財産や、相続によって得た財産は、対象となりません。)

無料相談・ご依頼はこちら←

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
慰謝料/離婚前に決めるべきこと
カテゴリートップ
離婚協議書
次
強制執行認諾文書付の公正証書

menu

大阪や神戸での社交飲食店、風俗営業許可(風営法1号)の取得、深夜酒類提供飲食店営業(バー)の開業、申請手続き、図面作成の代行は行政書士 em plusへお任せください。

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士