HOME  > コンテンツ  > 飲食店営業許可  > 飲食店営業許可が必要な場合とは

飲食店営業許可が必要な場合とは

§飲食店営業の許可とは

飲食店営業許可とは、喫茶店、レストラン、居酒屋、カフェ、バー、スナック等の食品を調理し、または設備を設けて客に飲食物を提供する飲食店を開業する場合に必要となる、食品衛生法にもとづく都道府県知事の許可のことです。(実際の申請窓口は、保健所です。)

深夜(午前0時から日の出まで)におもに酒類を提供する場合には、

深夜酒類提供飲食店営業の営業開始届出が必要です。

客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる場合には、飲食店営業許可とは別に、風営法にもとづく営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会の許可を得なければなりません。(窓口は、管轄の警察署の生活安全課です。)

お問い合わせ・申し込みはこちら

◇飲食店営業許可申請 MENU

  1. 料金 (トップページ)←
  2. 飲食店営業許可が必要な場合とは←
  3. 許可の要件←
  4. 申請手続きの流れ←
  5. 必要書類←
  6. 施設基準←
  7. 深夜酒類提供飲食店営業営業開始届出←

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
飲食店営業許可申請手続きの流れ
カテゴリートップ
飲食店営業許可

menu

大阪や神戸での社交飲食店、風俗営業許可(風営法1号)の取得、深夜酒類提供飲食店営業(バー)の開業、申請手続き、図面作成の代行は行政書士 em plusへお任せください。

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士