HOME  > コンテンツ  > 遺産分割協議書  > 遺産分割協議書作成のポイント

遺産分割協議書作成のポイント

◇遺産分割協議書作成 MENU

  1. 遺産分割協議書作成の料金 (トップページ)←
  2. 遺産分割協議とは←
  3. 相続手続きに必要な書類←
  4. 作成のポイント←
  5. 遺言書(公正証書遺言)←

§遺産分割協議書を作成のポイントとは、

遺産分割協議書には、状況に応じて次の事項を記載しよう
被相続人に関する記載事項
  • 被相続人の氏名
  • 最後の本籍
  • 最後の住所
  • 死亡年月日
不動産が相続財産の場合
  • 所在、地番、地目、地積、家屋番号、種類、構造、床面積
登記簿謄本の記載どおりに記載する。
預貯金、公社債、株式が相続財産の場合
  • 金融機関名(支店名)・口座の種類・口座番号・残高
  • 銘柄・証券番号
  • 株数
自動車が相続財産の場合
  • 自動車登録番号、車体番号
負債がある場合
  • 借入金の額
  • 未払い金の額
各相続人が相続する内容
  • 各相続人が相続する財産の内容を具体的に記載する。
  • 遺産分割の方法には、1.現物分割・2.換価分割・3.代償分割・4.共有分割の4つがあります。
  1. 現物分割とは、それぞれの相続人が個別に取得する財産を決める方法。
  2. 換価分割とは、相続財産の一部、あるいは全部を売却し現金に換えて相続人間で分割する方法
  3. 代償分割とは、ある相続人が遺産を取得する代わりに別の相続人に金銭を支払うというような方法
  4. 共有分割とは、遺産の一部または全部を相続人全員が共同で所有する方法
後に、相続財産が見つかった場合の決まり
  • 遺産分割協議を再び行うのか、それとも、誰が相続するか今の時点で決めておくかなどを記載する。
  • 一般的には、「その他の財産・債務が発見された場合は、相続人△△が相続するものとする」等の文言を入れます。

無料相談・ご依頼はこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
遺産分割協議とは
カテゴリートップ
遺産分割協議書

menu

大阪や神戸での社交飲食店、風俗営業許可(風営法1号)の取得、深夜酒類提供飲食店営業(バー)の開業、申請手続き、図面作成の代行は行政書士 em plusへお任せください。

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士