HOME  > コンテンツ  > 遺言書  > 尊厳死の宣言(リビング・ウィル)

尊厳死の宣言(リビング・ウィル)

§尊厳死とは?

  • 尊厳死」とは、回復の見込みのない末期状態の患者に対して、生命維持治療を差し控え又は中止し、人間としての尊厳を保たせつつ、死を迎えさせることをいいます。

§尊厳死宣言公正証書とは?

  • 「尊厳死公正証書」とは、属託人が自らの考えで尊厳死を望む、すなわち延命措置を差し控え、中止する旨等の宣言をし、公証人がこれを聴取する事実実験をしてその結果を公正証書にするというものです。

  • 尊厳死宣言がある場合に、自己決定権に基づく患者の支持が尊重されるべきものであることは当然としても、医療現場ではそれに必ず従わなければならないとまでは未だ考えられていないこと、治療義務がない過剰な延命治療に当たるか否かは医学的判断によらざるを得ない面があること、などからすると、尊厳死宣言公正証書を作成した場合であっても、必ずしも尊厳死が実現するとは限りません。95パーセントほど実現しています。

§尊厳死宣言書の登録

  • 尊厳死宣言書を作成し日本尊厳死協会に登録しておけば、等協会から主治医にご理解をお願いしていただくことができます。

※尊厳死公正証書の作成を、24,000円でサポートいたします。

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
検認とは/遺言書(公正証書遺言)作成
カテゴリートップ
遺言書

menu

大阪や神戸での社交飲食店、風俗営業許可(風営法1号)の取得、深夜酒類提供飲食店営業(バー)の開業、申請手続き、図面作成の代行は行政書士 em plusへお任せください。

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士