HOME  > コンテンツ  > 遺言書  > 検認とは/遺言書(公正証書遺言)作成

検認とは/遺言書(公正証書遺言)作成

◇遺言書(公正証書遺言)作成 MENU

  1. 遺言書(公正証書遺言)作成の料金 (トップページ)←
  2. 遺言とは←
  3. 遺言書作成を勧める場合←
  4. 遺留分に注意←
  5. 遺言書の種類←
  6. 相続手続きの流れ←
  7. 検認とは←
  8. 尊厳死の宣言書(リビング・ウィル)←
  9. 遺産分割協議書←

§検認とは?

  • 遺言書(公正証書による遺言を除く)の保管者又はこれを発見した相続人は、遺言者の死亡を知った後、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して、その「検認」を請求しなければなりません。

  • 封印のある遺言書は、家庭裁判所で相続人等の立会いの上開封しなければならないことになっています。

  • 検認とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。

  • 検認は、遺言の有効・無効を判断する手続ではありません。

  • 検認の申立て先は、遺言者の最後の住所地の家庭裁判所です。

検認を怠った場合であっても遺言の効力に影響はありませんが、検認を受けていないと不動産の登記や銀行預金の引き出しなど、所有権移転ができません。

無料相談・ご依頼はこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
相続手続きの流れ
カテゴリートップ
遺言書
次
尊厳死の宣言(リビング・ウィル)

menu

大阪や神戸での社交飲食店、風俗営業許可(風営法1号)の取得、深夜酒類提供飲食店営業(バー)の開業、申請手続き、図面作成の代行は行政書士 em plusへお任せください。

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士